2017-05

祟り目メガゲンガー軸状態異常展開【第129回九尾杯使用構築ベスト16】

第129回九尾杯に参加し、予選を5勝2敗で25位抜け。本戦2回戦敗退でベスト16でした。
使用ポケモンは【カバルドン/ギャラドス/ギルガルド/メガゲンガー/クレッフィ/サンダー】です。


カバルドン ギャラ
ギルガルド メガゲンガー
クレッフィ サンダー




シーズン6で使用したカバリザXガルドの構築を裏選出であったメガゲンガーを軸として大会向けにアレンジして組み直しました。
リザードンを外した理由としては、KP上位に並ぶことが予想されるガルーラ・ガブリアス・霊獣ランドロス・クレセリア等に非常に不利で、選出機会が少ないことが開始前から予想できたためです。悲しい。


PTを変更をしていく上で意識したことはカバルドンとの補完のとれたポケモンを投入し、カバルドンとのサイクルで相手を削りカバルドンで詰ませる。メガゲンガーの一貫を作ることを勝ちパターンとすることです。
カバルドン・ギルガルド・メガゲンガーの並びはそのままに、炎に強いギャラドス。水や草に強いサンダー。悪の一貫を切りゲンガーと相性の良いクレッフィ。というように採用していきました。





カバルドン
カバルドン@ゴツゴツメット
性格:腕白
実数値:215-132-187-x-93-67
努力値:252-0-252-x-4-0
技:毒々/怠ける/地震/岩石封じ

選出6/9。
ボルトランドバシャ、ガルランドのスタン構築に投げていける物理受け。
案の定上記のポケモンのKPが高く、今最も環境に適した物理受けであると実感しました。

毒を採用することでメガゲンガーとの直接のシナジーになりやすく、今回はゴツメを持っていることから毒を入れたあとの怠けるが安定択になりやすく、使いやすかったです。





ギャラ
ギャラドス@オボンの実
性格:陽気
実数値:191-146-110-x-121-146
努力値:164-4-84-x-4-252
技:滝登り/氷の牙/電磁波/挑発

選出5/9。
ゲンガーに出てくるドランやエンテイへの駒としてギャラドスを採用。
この枠はスイクンと迷いましたが、威嚇・飛行タイプ・補助技の優秀さなどからギャラドスを選びました。
予選中にはウルガモス入りに当たったのでギャラドスにしておいて本当に良かったです。

基本的に初手に投げて電磁波を撒きゲンガーの祟り目の補助と、威嚇で後続の負担を軽くしてもらう役割。

回復ソースがないため持ち物はオボン。炎への打点に滝登り。カバルドンで対処しきれないガブリアスを意識して氷の牙。ギルガルドゲンガーが制圧していく補助のために電磁波。相手の積みや回復の阻害に挑発。

レートでの使用時はギャラゲンガーカバを基本選出として回すことが多く上手くハマっていたと思います。





ギルガルド
ギルガルド@防塵ゴーグル
性格:意地っ張り
実数値:155-110-170-x-170-95
      155-220-70-x-70-95
努力値:156-236-0-x-0-116
技:アイアンヘッド/剣の舞/影打ち/聖なる剣

選出4/9。
同じ個体ですが、大会でキノガッサに薄くすることはできないと思い、持ち物を防塵ゴーグルに変更。
予選中キノガッサが入っていたPTに3回中3回ともキノガッサを選出されたため、この変更は大正解でした。





メガゲンガー
ゲンガー@ナイト
性格:臆病
実数値:159-x-83-151-101-178
     159-x-103-191-121-200
努力値:188-x-20-4-44-252
技:鬼火/祟り目/ヘドロ爆弾/気合玉

選出5/9。
前回はリザXの裏のエースでしたが、今回は表のエースとしての採用。このポケモンの性能は周知の通り。
大会で受けループを強く意識する必要はないと思い、挑発をヘドロ爆弾に変更。
スイクンの処理を早めることができるため、この変更も活きました。

負けたうちの2戦はゲンガーを選出しておらず、ゲンガーを出していればもう少し健闘できたと思うとメガ枠を信用しなかったことが悔やまれます。





クレッフィ
クレッフィ@食べ残し
性格:穏やか
実数値:161-x-114-x-152-96
努力値:228-x-20-x-252-4
技:身代わり/威張る/毒々/イカサマ

選出2/9。
カバやゲンガーが不利な特殊竜などに強い駒としてクレッフィを採用。
呼ぶ電気や地面に刺したかったので電磁波ではなく毒々。

ゲンガーとの相性が良い(と言われている)ことから採用しましたが、全く選出する気にならなかったためこの枠は他にいいポケモンがいたと思います。リザードン入れとけば良かった
ようやく選出した対戦でちょっと活躍したので調子に乗って次の対戦も選出したら、クレッフィが全く刺さってない選出された上に運ゲーに持ち込むことすらできなかったため、クソ鍵はやっぱりクソ鍵だなって思いました。






サンダー
サンダー@ラムの実
性格:穏やか
実数値:191-x-126-145-134-126
努力値:204-x-168-0-92-44
技:10万ボルト/熱風/めざ氷/羽休め

選出5/9。
カバルドンとギャラドスが物理方面に厚いことや、初手ゲンガーミラーを避ける引き先として特殊寄りのサンダー。
ライボルトや火力に割いていないボルトロス、ゲンガーなどと撃ちあうことができます。

勝ったうちの2試合はこのサンダーでライボルト、ボルトロス、ゲンガーに殴り勝ち相手を詰ませることができたため、上手く構築と調整が噛み合ったと思います。





元にした構築はあるものの、そもそもの対戦数が少なく書くことがないのでこんなところで。
九尾杯にはXYになってから参加するようになり、今回初めて決勝トーナメントに進出することができました。
シングルレートでは碌な結果が残せなかったものの、最後に一応それなりの結果と呼べるものが残せていい思い出になりました。


今度こそポケモンXYお疲れ様でした!!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wonderfulrush.blog.fc2.com/tb.php/31-86541917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

rush

Author:rush
ポケモンシングル勢
最高レートS15.2109

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
単体考察 (5)
PT (29)
調整メモ (9)
構築メモ (11)
環境メモ (3)
雑記 (19)
個体紹介 (1)
他 (2)

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック