2017-03

カバリザXガルド~炎刀スタンダード【シングルシーズン6使用構築】

XYお疲れ様でした。シーズン6も満足のいく結果とはならず、最高レートは2053でした。
最高記録時の使用ポケモンは【カバルドン/リザードンX/ギルガルド/ゲンガー/ライコウ/スイクン】です。
最終日はライコウ・スイクンをユキノオー・ギャラドスに変えて使っていました。




カバルドン リザX
ギルガルド メガゲンガー
ライコウ スイクン




構築のスタートはリザードンXとギルガルドの補完関係。
リザードンが対面不利で竜技の一貫を切られるフェアリーや、舞ったあとでも止められてしまうクレセリアなどにはギルガルドが強く、ギルガルドがつらいに炎にリザードンが後出しでき、ギルガルドへのダメージから持ち物を見極めリザードンで起点というような動きができます。
今シーズンはこの2体の並びをシーズン中使ったほとんどの構築に組み込んでおり、残り4体は様々な経緯を経て今の4体となったため採用理由が噛み合っておらず、採用順も不明瞭なので、役割などをまとめることとします。

カバルドン→物理受け・(水ロトム・草結びボルトを除く)特殊電気受け。メガバシャの膝を2耐えでき、ボルトランドバシャガルドやバンギアロー系統などを封殺し得る。

メガゲンガー→対物理高耐久。受けループ崩し。

ライコウ→対面操作・麻痺撒き。高いSからそれなりの範囲。

スイクン→対物理削り役。ガルランド(ガルガブ)系統に投げていける。





カバルドン
カバルドン@食べ残し
性格:腕白
実数値:215-132-187-x-93-67
努力値:252-0-252-x-4-0
技:欠伸→毒々/怠ける/地震/岩石封じ

メガバシャ受けとするためにHBぶっぱ。
メガバシャの膝に対し2連最大乱数を引くことや、ステロ+剣舞膝で縛られることを避けるために持ち物を食べ残しにしました。

技は怠ける・地震は確定。浮いてる相手を削れて追加効果が優秀な岩石封じ、ダメージソースに乏しいため毒々を採用しました。毒々は元は欠伸で使っていましたが、身代わりやラム以外には広く刺さることと残飯の回復稼ぎになるため欠伸を採用する利点も多いですが、同じ型のカバルドンとミラーになって負けたことをきっかけに毒に変更しました。交代で出てくる水ロトムやスイクン、重いポリ2などに刺せるため毒が活きた場面も多いです。

物理を数値受けをするだけでなく、電気(電磁波)の一貫を切れるためボルトロスに好き放題されず、ボルトランド系統のPTに非常に強いです。

一応ガルーラを受けることのできる数値をしていますが、ゴツメを持っていないため後出しして怠け連打をする意味もなく、グロパンがあると難なく突破されるため、ガルーラと戦うのはあくまでも対面からという意識で使っています。

ガブリアスに対してはラム剣舞を考慮して毒々をするよりも地震で削ってギルガルドの影打ち・ライコウのめざ氷圏内に入れるか、あるいは封じでSを下げてリザやスイクンで上を取れるようにする、というような後続へ繋ぐ立ち回りをします。





リザX
リザードン@ナイトX
性格:陽気
実数値:165-136-98-x-105-155
      165-182-131-x-105-155
努力値:92-252-0-x-0-164
技:逆鱗/地震/ニトロチャージ/竜の舞

Sを意地ガブ抜き、余りをHに振ることで陽気ガルーラの捨て身を確定耐えする程度の耐久を得られます。

技は、最大打点の逆鱗。PT全体に刺さり気味なゲンガーを対面から処理するためにニトロチャージ。積み技は剣舞よりも竜舞の方が積む機会が多く使いやすいので竜の舞。残りは炎・電気・メガゲンガーなどを逆鱗を撃たずに処理できる地震。
フレドラが欲しい場面がないとは言えませんが、反動によって耐久を損なってしまうデメリットが大きく、フレドラの火力が必要な相手(サーナイト・ニンフィア・ギルガルドなど)は他のポケモンで見るべき場合が多いため、特に大きな問題ではありませんでした。

性格を陽気にするメリットは当然意地スカーフガブリアスの上を取れること。正直今の環境はスカーフガブリアスはかなり使いにくく数が少ないとは思いますが、それでもいざ対面したときに勝敗を分ける可能性を考えると意地ガブの上を取れることは選出率や立ち回りにも関わるため、使いやすさが大きく変わってきます。
陽気にすることによる火力面の大きな変化は、1舞でメガフシギバナが、±0状態で霊獣ランドロスがほぼ確実に落とせないこと。その辺りについてはサイクル下で一定以上ダメージを与えて置くことで解消する必要があります。





ギルガルド
ギルガルド@ラムの実
性格:意地っ張り
実数値:155-110-170-x-170-95
      155-220-70-x-70-95
努力値:156-236-0-x-0-116
技:アイアンヘッド/剣の舞/影打ち/聖なる剣

剣舞ギルガミラーで上を取るためにS高めの剣舞ギルガルド。
PT内に胞子の一貫を切る駒がいないため持ち物はラムの実。

対フェアリーをほぼ一任できるポケモンはこいつ以上にいません。
呼びやすいスイクンガッサの並びに対して、スイクンには熱湯火傷を恐れず剣舞を積んで撃ち合え、ガッサには胞子をラムで受けアイヘ影打ちで縛ることができます。

自分は剣舞ギルガルドは珠を持たせたものばかり使っていたので、火力が足りないように感じてしまうことが多かったですが、ラムの実も発動機会が多く持ち物を変えることはできなかったため、これについてもサイクルで削っていく立ち回りが必要になります。





メガゲンガー
ゲンガー@ナイト
性格:臆病
実数値:159-x-83-151-101-178
     159-x-103-191-121-200
努力値:188-x-20-4-44-252
技:鬼火/祟り目/挑発/気合玉

受けループ潰しとして採用。またリザXギルガで崩しにくい物理耐久の高い相手全般を崩していく駒。

受けループメタのために挑発、気合玉を確定。グライへの通りの良さを考えて祟り目。祟り目を活かすために鬼火。

PT内のカバルドンの毒、スイクンの熱湯の3割火傷、ゲンガーの鬼火、ライコウの電磁波、とゲンガーの祟り目がシナジーが強く、祟り目により相手に負担をかけていくことを裏の勝ちパターンとできるように組み込んでいます。





ライコウ 
ライコウ@オボンの実
性格:臆病
実数値:175-x-95-157-123-181
努力値:76-x-0-172-20-236
技:電磁波/神通力/ボルトチェンジ/めざ氷

メガゲンガーに一度でも後出しできる枠が欲しく、耐久を伸ばしたオボンライコウを採用。
C222メガゲンガーのヘド爆をオボン込み2耐えの最低限のHDラインと単体性能を下げないために残りはCS。

ボルトロスでなくライコウをこの使い方をする理由は電気耐性により相手のボルトロスに有利である点と電磁波の読まれなさ。
ボルトロスに電磁波を使わせても警戒されてしまいゲンガーに麻痺を入れさせてくれる相手は少ないですが、ライコウに使わせれば警戒は薄いはずです。

受け出しからの麻痺撒きと対面作りのために、電磁波、ボルトチェンジは確定。地面の氷4倍勢に刺すめざ氷も無難に採用。残りは重いヘラクロスやフシギバナを削れる神通力。麻痺+神通力怯みで薄い勝ち筋も残すことのできる便利な技です。
受け出しの多い使い方をするため負担がかかり過労死しやすいですが、高いSからそれなりに高範囲な技を撃てるため終盤の処理役としても使うことができ非常に強く、この構築を通じてお気に入りのポケモンになりました。





スイクン
スイクン@ゴツゴツメット
性格:図太い
実数値:207-x-162-120-136-115
努力値:252-x-100-76-4-76
技:熱湯/凍える風/リフレクター/吠える

対面からガルーラに勝て、後出しでも相打ちにし得るゴツメスイクン。
HBラインは陽気ガルーラの捨て身+地震を最大切り耐え。

熱湯・凍える風・リフレクターの3つで物理に対してはHPに余裕を持って1体処理して2体目と殴り合う、というような使い方ができます。
ガルランドやガルガブに対して初手に投げてHPを半分近く残してガルーラを処理するのが理想的です。
また今は数を減らしていますが、バンギランドアロー系統には、明確なスイクン対策枠がいなければスイクン1体で勝つこともあります。

物理に対しては全般的に戦うことができますが、PT単位で余り相手にしたくないキノガッサを呼び込んでしまうことと、相手のスイクンに弱い(瞑想スイクンは吠えてれば問題ありませんが、零度スイクンには無力)のが難点。 #通常色スイクンに零度撃つスイクン4んで





見返してみればガブリアスガルーラに普通に安定しないし、納得のレートの伸びきらなさと言ったところです。
XYリーグでも煮詰めなおしていきたいと思っています。見た目だけは強そうなのでこの並びも好きっちゃ好き。





指摘・質問等歓迎です。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wonderfulrush.blog.fc2.com/tb.php/29-4bb62f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

rush

Author:rush
ポケモンシングル勢
最高レートS15.2109

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
単体考察 (5)
PT (28)
調整メモ (9)
構築メモ (11)
環境メモ (3)
雑記 (18)
個体紹介 (1)
他 (2)

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック