2017-05

壁展開リザガブマリルリ【シングルシーズン5】

勝てるPTが分からなかったため、簡単に勝てる(気がする)壁構築を使うことにしました。
使用ポケモンは【リザードンX/ガブリアス/クレッフィ/マリルリ/霊獣ボルトロス/ゲンガー(ヘラクロス)】です。



色リザX ガブリアス
クレッフィ マリルリ
霊獣ボルト メガゲンガー メガヘラクロス





壁構築を使うに当たり、壁張り役として採用したのはクレッフィ。
クレッフィに壁張りをさせる利点は、悪戯心によってほぼ確実に両壁を張れる点と選出誘導力の高さ。
壁下の積みエースとして採用したのは、リザードンX、ガブリアス、マリルリの3体。
この3体でクレッフィが誘う、電気、炎、地面等を起点にすることができます。
次にクレッフィが展開できない挑発ボルトロスに刺していく駒として霊獣ボルトロス。
最後に地面やフェアリーの一貫を切れて、クレセガルーラ絡みの並びに強い駒としてメガゲンガーとなりました。
ゲンガーの選出率が低く、最後の十数戦はヘラクロスで潜っていました。

全員が壁エースとなれる構成になったので、刺さっているポケモンを選び幅広い選出をすることができます。





色リザX
リザードン@ナイトX
性格:意地っ張り
実数値:159-136-104-x-106-152
      159-187-137-x-106-152
努力値:44-156-44-x-4-252
技:逆鱗/フレアドライブ/かみなりパンチ/竜の舞

Aを削っても確定数の変わりそうな相手が特に思いつかなかったので、壁を活かすために若干の耐久調整。
ギャラドスやマリルリをよく呼ぶためかみなりパンチ持ちの個体にしました。

クレッフィが呼ぶライコウやロトムなどの電気タイプやドランやエンテイなどの炎タイプ、またクレッフィへのダメージを見て鉢巻の地面技などに後出しして起点にしていくことができます。





ガブリアス
ガブリアス@ラムのみ
性格:陽気
実数値:191-162-116-x-118-169
努力値:60-92-4-x-100-252
技:身代わり/地震/逆鱗/剣の舞

懐かしき身代わり剣舞ガブリアス。壁によって耐久を上乗せしたこのポケモンが弱いはずがありません。
身代わりからの剣舞を主体としていくため耐久に多く振りました。

壁下ならば等倍技に身代わりを残せるため、容易に積む機会を作ることができます。
壁下で剣舞を積めばクレセやポリ2も真正面から突破できるので、止められる奴はまずいません。
ラムのみを持つことで、浮いている相手に逆鱗を撃って、死に出しから鋼を出されても混乱を回復し地震に切り替えることができます。
ただし、クチートやマリルリがいる際には安易に逆鱗を撃たないように注意しなければなりません。

電磁波からの身代わり剣舞で戦う戦術は5世代を思い出して最高の気分でした^^





クレッフィ
クレッフィ@光の粘土
性格:図太い
実数値:161-x-154-x-111-98
努力値:228-x-228-x-28-20
技:リフレクター/光の壁/電磁波/イカサマ

特に書くこともない壁クレッフィ。
悪戯心による壁の張りやすさを評価して採用しました。
壁を張ることに関しては文句なしの性能ですが、起点になりやすく壁ターン稼ぎを防ぐ手段もないので、扱いの難しい面も多かったです。
電磁波は勝ち筋として強力ではありますが、電磁波による行動不能も壁ターン稼ぎの要因となることがありアドをとれていると言い切れない場合もあるので、神秘の守りなどの他の技も検討してもいいかもしれません。





マリルリ
マリルリ@オボン
性格:意地っ張り
実数値:190-112-100-x-100-88
努力値:116-252-0-x-0-140
技:アクアジェット/腹太鼓/じゃれつく/馬鹿力

Aぶっぱ、Hを天候ダメージが変わるところまで落として残りS。
範囲を広くとるために馬鹿力採用。

壁によって得た耐久を盾に腹太鼓を積んで全抜きします。マリルリを後出しから対処できるポケモンがなく、各対面で負担をかけて腹太鼓を積ませない、というような対策の仕方をしているPT相手にはイージーウィンできます。
マリルリを後出しから止められる(サンダーやフシギバナなど)がいる場合はマリルリが落とさせたら後ろの起点にする。という形をとれるためガンガン選出していきます。


一度腹太鼓をして流されてしまうと、もう一度積み直しはできないのでドランやスイクンからの吠えるには注意しなければなりません。(麻痺で防ぎましょう)





霊獣ボルト
霊獣ボルトロス@弱点保険
性格:臆病
実数値:155-x-90-197-100-168
努力値:4-x-0-252--0-252
技:10万ボルト/めざ氷/サイコキネシス/高速移動

このポケモンの存在を知って思いつきでいれてみたポケモン。新しい個体を用意する余裕がなかったので臆病CS。控えめで耐久調整をした方がいいと思います。
10万、めざ氷、高速移動を確定で、マリルリがフシギバナをよく呼ぶのと格闘への打点が乏しいように感じたのでサイコキネシスを採用しました。

電気タイプのめざ氷などを受けて弱点保険を発動させ高速移動を積みCS2段上昇から全抜きします。
元の耐久が低いことから等倍技で殴られることも多いため、弱点保険発動前提で選出しないように注意が必要です。
しかしながらクレッフィが電気タイプを場に出させてくれるので、それなりに良い並びではあるかと思います。

高速移動を見た相手の顔を想像しながら戦いましょう。





メガゲンガー
ゲンガー@ナイト
性格:臆病
実数値:159-x-81-158-96-178
      159-x-101-198-116-200
努力値:188-x-4-60-4-252
技:身代わり/シャドーボール/鬼火/ヘドロばくだん

意地ガブの逆鱗を耐えるくらいのそれなりの耐久を維持して残りC。
壁下で、ガブガルーラクレセドランみたいなのをボコれる気がして採用。
ガブクレッフィ対面で壁→ゲンガー交換で無償降臨→相手の封じか交換に身代わりを残す。というようにして有利を取るともりでしたが、クレッフィの壁を見た途端剣舞を積むガブが多く、想定どおりにはいきませんでした。
また、ドランへのシャドーボールのダメージが少なすぎて到底崩すのは無理でした。

最初はシャドーボールを祟り目で使っていましたが、クレッフィの電磁波の通りのいいPTが少なく、対面から鬼火祟り目で突破するにはゲンガーを酷使しなければならず使いにくかったです。





メガヘラクロス
ヘラクロス@ナイト
性格:意地っ張り
実数値:173-187-96-x-116-126
      173-253-136-x-126-116
努力値:140-196-4-x-4-164
技:インファイト/タネマシンガン/ロックブラスト/ミサイルばり

ガブガルーラに対面強くエルフーンを突破できるという条件で途中からヘラクロスを採用しました。
急な採用だったので流用個体。もう少しSを削っていいと思います。

PT的にギルガルドが多少面倒なのと、壁による耐久を潰してしまうインファを打ちたくない場合があるので地震を採用したいですが、とりあえずこのままで。
地面耐性があるのと、単純に電磁波壁と相性が良いので強かったです。






上手く展開できれば簡単に勝てることも多かったですが、勝ち筋が壁に依存しすぎているところがあるため、初手の展開に失敗したり壁ターンを消費しすぎたりすると途端に勝てなくなってしまったのでまだまだ課題の多いPTです。
十分に煮詰めないで組んだところもあるのでS6でももう一度使ってみようと思います。
選出率はガブとマリルリが多め、次いでヘラ・ボルト・リザの順でした。
終盤はリザを出していけるPTが少なく悲しかった。。。

最高レートは画像がないですが2050くらい、最終は2004でした。
メインロム S5最終

またしても2100には届かなかったどころか、シーズン途中ですら順位100位以内にも入れなかったのでS6こそは頑張りたいです。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wonderfulrush.blog.fc2.com/tb.php/22-c2e9c842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

rush

Author:rush
ポケモンシングル勢
最高レートS15.2109

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
単体考察 (5)
PT (29)
調整メモ (9)
構築メモ (11)
環境メモ (3)
雑記 (19)
個体紹介 (1)
他 (2)

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック